2017/11/01

自分が気に入らない対象と

融和できるよう自分を下げる力が

ビジョンを起こす。

2017/11/01

ここに集まった皆さん方は悟りを得ようとやってきたはずです。そしてその状態に至ろうと努力しているはずです。ところが、いつの間にか皆さんは依存しようとしています。私に、あるいはこのセンターに依りかかって何かを貰おうとしています。悟りはそんなふうにしては得られません。悟りとは、そのようにして求めることのできるものではないからです。

皆さんがここに入門したら私に皆さんのすべてを任せよと言うのは、皆さんの重荷を減らし、また皆さんの力を集中させてやるためです。皆さんは、私にしがみつこうとしてはなりません。私から何かを得て自分のものにしようとしては...

2017/11/01

人はいつでも

全体によって自分が存在していることを知り

自分の行為が全体にどのような影響を

与えているのかを考えなければならない。

2017/09/29

弥勒仏(慈氏仏)の出現予言

今から約2500年前、ネパールである赤子が生まれました。この赤子は大きくなりながら人が老いて病になり死んでまた生まれる原理について深い関心を持ちました。そしてこのようなことから生じる悩みや心配事を解決しようとしました。いわゆる「自意識」全般の心配事です。これを煩悩と言います。

そしてこの赤子が35歳になった時、煩悩も一種のエネルギーが起こす作用であることを知るに至りました。そしてそのエネルギーはこの世の中全ての万物の根源である事実も知りました。したがってこの赤子は全ての人々に死ぬその時までこのエネルギーの...

2017/09/25

第4次産業革命の到来

今日は少し難しい話のようですが、かといってこの話を知らないまま過ごせば、皆さんの未来には暗雲が立ち込めるかもしれません。しかしこの話の核心をよく把握すれば、皆さんはむしろ世の中を得たかのように、願うことを全て成就することができます。よって「何の話なのか分からない」と背を向けるのではなく、注意深く私の話に耳を傾けてください。これは私たち全ての未来のためなのです。

もしかして皆さんは「第4次産業革命」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?1784年英国で蒸気機関車が発明され初めて機械化産業が開始されたことを第1...

2017/09/21

人生が曖昧模糊たる訳

人生を生きていきながら「どうすればいいのか?」あるいは「何が最善なのか?」明快な答えを知りたい時が一度や二度ではないでしょう。おそらく今この瞬間も、多くの人がこのような悩みをそれなりに持っていると思います。

私も幼い時からこのような問題をはっきり知りたいと思っていました。そして私だけではなく人々の悩みを解決してあげたくもありました。小学校5年生の時、教科書に出てきた「大いなる岩の顔」を読んで、その答えを話すことのできるのは、「私」だという予感もありました。

人々はそれなりに自分が置かれた立場で、曖昧模糊たる問題を...